人にはそれぞれ個々に決められた、人生の方程式がある その1

お久しぶりです。占い師の久易田でございます。

最近、色々な方を鑑定させて頂いて、特に感じたことを書かせて頂きます。

 

私たち占い師は、人それぞれに持って産まれた、魂の設計図を基に、ご相談者様の今の人生と照らし合わせていく作業を行う事が、私達の仕事の醍醐味だと思っております。

 

なので、基本的に命術といわれる、生年月日から導き出す、占術を使えない事には、この醍醐味は味わえないと思っております。

 

これはあくまで私の考えなので、他を否定しているわけではありませんよ(^.^)

 

最近よくご相談を頂いた内容の中もっと充実した人生を送りたいのです』というご相談を頂きます。

 

その様なご相談者様を、命術でお占してみますと、ほとんどの方が生まれ持って持ち合わせている、才能を使っていない事に気づかされます。

 

単純に ★もったないな~★ と思わされる瞬間ですね~😞

 

要するに、宿命や与えらし才能を無視した生き方なのですよね。

 

東洋占術の中の基本中の基本、陰陽五行説で例えますね。

陰陽五行説は、私のブログ内の【6】四柱推命 陰陽五行説などに記載しております。宜しければ、参照してくださいませ。

 

その人の中心に、陰陽五行説でいう土の魂を持っている方がいるとしますよね。

 

土の魂の方の特徴は、凝集性(ぎょうしゅうせい)です。

 

字のごとく、物事をまとめていったり、形にしていく才能がございます。

 

しかしその方が理想としている人生感が、火の魂だったりします。

 

火の魂の方の特徴は、拡散性(かくさんせい)です。

 

そうしますと、土とは基本的には真逆で、物事の口火をきったり、自らが情報などを発信していく才能でございます。

 

ちなみに、占いなんて分からなくても、簡単な才能の見分け方がございます。

 

単純に、好き嫌いで物事を計るのではなく、向き不向き、得意不得意で物事を捉えていくと良いでしょう~ (*´ω`*)

 

好きだからと言って、必ずしも得意とは限りませんよね。

向いているもの関しては人よりも数段、それらを処理する時間が掛からないんですよね。

 

そしてなぜ人は能力よりも、好き嫌いで物事と選んでしまうかといいますと、育った環境やプロセスが大きく関わっていると考えられます。

 

個人を大事にするというより、その時の多数の意思が、その人自身に影響を与えてしまったり、単純に好きなもの、イコール得意なもの、と思う事は極々自然な事ですよね。

 

しかしこれではさすがに、才能を無視した生き方なので、段々と人生に違和感を感じてきてしまうと思います。

 

 

そうしますと根本的に、その人にあった自然な生き方を無視した生き方をしているという事なのですよね。一概に言えませんが(^_^)

 

もちろん努力次第では、多少ご自身の理想に近づくことは出来るかもしれません。

 

しかしそれでは、火の魂を持った人の考えや生き方には到底敵いません。ま、勝ち負けではなく、その人の生きる価値観だとは思いますが・・・。

 

何が言いたいかと申しますと、一言で申しますと疲れます。

 

そして、自分自身では、年が過ぎ去るごとに、パッとしない人生だと感じくることでしょう。

 

これが私の人生だ、と言ってしまえばそれまでですよ。

 

極論ではございますが、そういう事です。

 

だから、ご自身の魂の設計図を知る事、すなわち、神様から与えられし宿命と才能を、今生で沢山の方に生かしていく事こそが、いかつく充実感をあなた自身に与えてくれるのです。

 

そうしますと、人生が騒がしくなってまいります。

 

世間は、そんなあなたを必要とし放っておきません。もちろん、大小はありますが。

 


少し長くなりそうなので、今回と次回の2回に分けてお送りしていきたいと思います。

 

宜しくお願い致します m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください