占い館デビュー

大変お久しぶりでございます。

占い師の久易田でございます。m(__)m

 

本当に久々にブログを書くことになりました。

実は私、東京の某、有名占い館でデビューしました関係上、その準備等で忙しく、しばらくの間ブログから遠ざかっておりました。

しかし占い館との契約上、どこで行っているとは一切、明かすことができません。

しかも名前を変えなくてはいけないのです。

その名前も、本来の名前をあまり連想させ過ぎるものはNGになってしまいます。

なぜかと申しましと、占い館がせっかくお金をかけて集客したのに、占い師個人の方への鑑定に導かれてしまったら大損ですものね。

そりゃそうだ・・・(^ω^)

ですので、恐らく私がどこの占い館で行っているいるとは、このブログからは分からないし、お教えする事もできません。

これから占い館で働かれることを考えている方がいらっしゃいましたら、ご参考になさって下さいね。

 

そして私が働き始めて一番気になったことは写真です。

 

占いの種類1

 

私は男なので、なおさら写真写りが重要になってくるのだと思います。

やはり占いの世界は女性の世界。

一見さんは基本的に女性を選びがちです。

私の感覚で申しますと、写真を見た瞬間に占い師としての高い安心感を感じれる写真が、選ばれている傾向だと感じました。

要するに、写真写りなのですよね。

そりゃそうですよね。(^ω^)

お客様は基本的に、写真からしか選びません。

もちろん占術や、得意な占い、得意な相談事も書いておりますが、来店されて短い時間で選ばなくてはいけなく、始めてのお客様でしたら、その場の雰囲気にのまれてしまい、写真のイメージでとっさに選んじゃいますよね。

なので写真だけはしっかりとお金をかけて、コンセプト通りの衣装を着て、もちろん占い師っぽく、安心感を抱かせる写真がとても良いのではないかと、働き始めて改めて実感している次第でございます。

 

そして待機時間なのですが、基本的には、8時間~10時間くらいですかね。

え、そんなに長いの?

 

そうですよ。

よほどお客様がついていて、毎回ご予約のお客様で埋まっている人ならまだしも。

そうでなければ、毎週決まった曜日はしっかりと出勤して、長い時間いる事が売れる占い師への第一歩だと感じました。

それでも来ない日は、本当に来ませんので。

私たち占い師は個人契約ですよね。

売り上げが無くては、お金は一銭も入ってきません。(´;ω;`)ウゥゥ

地道な努力が、一年後二年後の、本当のリピーターになって頂けるお客様の人数に差が出てくるのではないかと思います。

 

私はリピーターが、その占い師にとっての真のお客様だと思っておりますし、実力だとも思います。

だってそうでしょ。

その占を分かって納得して頂けたから、リピートとしてくれたわけであって、一回限りのお客様は、どこかでこの占い師は違うなと、判断されてしまったのかもしれませんよね。

だから裏を返すと、わずか20分~30分の間に、その一見のお客様と、どれだけ真剣に向き合えるか勝負になるのですよね。

だって、どのお客様も、始めは一見からですものね。(^.^)

 

今日はこの辺で、終わりたいと思います。

私も今まで、いろいろ個人的には鑑定しておりましたが、これだけ大規模な占い館で働くのは初めてのことですので、毎日大変緊張の連続です。

それでは次回も、何か興味をそそる様なお話をできればと思います。

それでは次回お会いする日まで~(@^^)/~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください