自分の短所を補うより、長所見つけて伸ばしていきましょう!

どうも、占い師の久易田でございます。

前回のお題の短所について、違った観点からアプローチしてみたいと思い、今一度この話題で進めさせて頂きますm(__)m

 

前回お話ししたことは、欠点や短所は、始めから備わっていない能力なのだから、諦めることは決して悪いことではないというお話でしたよね。

 

それはあなたにとって不必要だからという事も。

 

今回はその短所は諦めて、あなたの長所(資源)を見つけ、いかに効率よく活かすかをお教えいたします。

 


実は長所を見つけるのに、最大に役に立つものは客観性なのです。

 

ここでのポイントは、完全なる客観性なんです。

 

そして大事なのは、親しい人以外から聞いた客観性や、物から得た客観性なのです。

 

 

何故って? あなたの事を知らない人や物は、あなたの都合を知りませんよね。

 

あなたの事を知らないから、あなたの純粋な能力や欠点を指摘してくれるのです。

 

良い意味で容赦なく、あなたの都合を考えずに、あなの能力の核心をついてきます。

今のあなたの置かれている状況なんて、知ったこっちゃありません。

だから事情を知らない人や物は、客観性そのものなんですよ。

あなたに利害を感じていないのだから、媚び諂うことなくあなたにストレートに伝えてきます。

 

そこで私が考えたのは、親しい人から聞いた客観性よりも、

1、ある程度、距離がある人から聞く客観性

2、人とお話をして得た客観性ではなく、本や私の様に占とかの、媒体から得た客観性

の方が、特にその人のスキルになりやすいのだと、今までの鑑定の中で、感じ取ることが出来ました。

 

親しい人では話やすい事から、その人のいち経験や、あなたの事情を考慮して会話をしますよね。

 

その人の会話からは、その人の主観や、その人の経験、その人のやさしさを基にして話しますから、その影響をもろに受けてしまいます。

 

その場ではあなた自身の事をしっかり教えてくれますし、あなた自身色々と分かった様な気にさせてはくれますが、時間が経つにつれて、段々と薄らいでいってしまうのですよね。

 

それは、ほぼその人の成功体験であり、あなたには当てはまりにくい事が多いからです。

 

しかし、あなたの事を良く知っているからこそ、良いアドバイスができるとも考えられますが、私の経験上、親しき人からのアドバイスってあまり身になっていないという事が、今ままでの鑑定の中で気づきました。

 

そして成功体験を聞いているので、とても感銘は受けると思います。

 

しかしどんなに感銘を受けたとしても、次の日には30%もお心に残っていないのですよね。

 

結果的にそれらは、その人のものさしで、あなたを計っているからに過ぎませんから。

 

だから、始めの能力探しは、親しい人から聞くのではなく、親しい人以外や、何か物から取り入れられる、能力になりやすいと考えられます。

 

それに親しき人からの話は、何もしないでも聞いているだけで、話は進んで行きますし、少し惰性になりかねませんよね。

 

しかし親しくない人からでは、適当に聞けなし、物から取り入れようとすれば、自ら取りに行く意思がなければ、進みませんよね。

 

ここに努力の差が出て来るんですよね。

 

本当の自分の才能は、自分の思っていたものとは、意外に違うところにあるのです。

 

というよりも、客観的にみると、全然違うところにある可能性が高いのです。

 

だから真剣に探さなければ、自分の良い所は見つかりませんし、世の中で生かせません。

 

そしてそれらを見つける事ができたのなら、限りある自分自身の資源(長所)を、どこに投資するかが重要なのです。

 

資源とは、あなたの魂のエネルギーの事です。

 

私は裏占い師です。

次回は占いの観点から、どの様に長所(資源)を見つけ、どこに資源を投資をすれば、効果的にあなたに利益をもたらせるのかをお教えいたします。

 

それでは次回まで(@^^)/~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください