思ったよりも簡単! 数秘術 作成方法 その1

どうも、占い師の久易田です。

みなさん、ご自身の魂の傾向や、前世の行いを踏まえての、今生(こんじょう)での使命を調べる事ができる占いをご存じでしょうか。

 

占い好きの方なら、耳にしたことがあると思います。

それは【数秘術(すうひじゅつ】です。

 

実は、命術の中で意外と簡単なのに、かなり深くまで占うことができる占術なんですよね。

 

私の好きな、四柱推命西洋占星術は覚える作業のほかに、いろいろなやり方を覚えなくては使いこなせません。

 

そして四柱推命西洋占星術は、生まれた時間まで使いますので、使いこなせれば数秘術より、格段に精度は高いです。

(時間が分からなくても、使うことができます。それでも結構精度は高いと思います)

 

そして実践を積むことが必須ですし、分からない解釈は、聞く人がいなくては行き詰まります。

 

でもこの数秘術。基本的には覚える作業だけで、かなり占うことができるのです。

 

そして、数秘術は他の命術とは違った部分、あなたの魂関連を占うことができますので、数秘術は数秘術にしか分かりえないことが占えるのです。

 

占い方と要領さえつかんでしまえば、明日からでも占う事が出来てしまうのです。

 

私の場合、難しくは教えませんし考えません。他の占い師さんが何と言おうと、占う事は出来ます。

 

数秘術のチャートを作成するサイトを使えば、ある程度即興でも占う事が出来てしまいます。

 

それほど数秘術の親切さや、完成度には目を見張るものがあります。

 

もし命術を覚えたい方には、是非数秘術から覚えられると、苦労なく始める事ができるでしょう。

 

そして数秘術には【ピタゴラス】【カバラ】【ゲマトリア】といった種類がありますが、気にしないで進めていきましょう。

 

今回はその数秘術の中で、一番大事な誕生数(ライフパスナンバー)ついて触れていきたいと思います。

 


1、誕生数/ライフパスナンバーこれが一番大事かも)

【意味】基本的かつ普遍的な性質を表す。あなたがどんな人生を歩んで行くのかが分かってしまう。

【出し方】誕生日から導き出します。(西暦で計算します)

 

ま、下の例を見てください。

導き方は3通りあります。

 


『出し方1』

「年は年、月は月、日は日で計算する。最終的には一桁にする」

 

1999年 12月 31日生まれの方の場合。

 

【1999年】1+9+9+9=28

⇒ 2+8=10

⇒ 1+0=1       の答えは ≪1≫

 

【12月】1+2=3    の答えは ≪3≫

 

【31日】3+1=4    の答えは ≪4≫

 

【年】≪1≫+【月】≪3≫+【日】≪4≫=8  最終的な答えは≪8≫

 

この方の誕生数 8

 


『出し方2』

「年、月、日の境目をなくして、全部足した後に、一桁にする」

 

1999年 12月 31日生まれ

 

【年+月+日】

1+9+9+9+1+2+3+1=35

⇒3+5=8  最終的な答えは≪8≫

 

この方の誕生数 8

 


『出し方3』

「年、月、日を一桁にしないで、そのまま足して、最後に一桁にする」

 

1999年 12月 31日生まれ

 

【1999 + 12 + 31】 = 2042

⇒2+0+4+2=8  最終的な答えは≪8≫

 

この方の誕生数 8

 


実はこの様に、3通りの出し方がございますが、『出し方1』だけでも構いません。

 

今回は3通り共に、誕生数が≪8≫でしたので良かったのですが、計算の仕方によっては違う数字をはじき出される場合がございます。

 

その時は、人によって解釈が違います。

 

私の場合、特別な数字【マスターナンバー】というものが現れた場合は、考慮します。

このマスターナンバーとは、『11』『22』を表します。

『33』『44』もそうなのですが、私は考慮しませんので説明は割愛させて頂きます。

 

通常では一桁になるまで計算していきますが、こちらの数字が出た時点で、マスターナンバー(特別な数字)としての意味を捉えていきます。

 


『マスターナンバーの出し方』

「2桁の『11』『22』のゾロ目は、この数字だけで、特別な意味合いがある。

 

今回は『出し方1』だけで、算出しましたが、私は『出し方1~3』全部出します。
時々その中のやり方に一つだけ、マスターナンバーが出てくる可能性があるのです。
一つのやり方だけでもマスターナンバーが出てきたら、マスターナンバーを採用します。そして見逃したくないので。

 

1970年 1月 20日の場合

 

【1970年】1+9+7+0=17

⇒ 1+7=8       の答えは ≪8≫

 

【1月】1=1       の答えは ≪1≫

 

【20日】2+0=2    の答えは ≪2≫

 

【年】≪8≫+【月】≪1≫+【日】≪2≫=11  答えは≪11≫

 

この方の誕生数 11 ですが、

 

⇒1+1=2 《2》も見てください。  最終的な答えは《2・11》

 

この方の誕生数 2と11

 


マスターナンバーの意味は、順を追って説明していきます。

そしてカルマンナンバーというものございますが、私は考慮しませんので割愛させて頂きます。

 

そして一桁にした時、1~9までの数字が、その人の魂の形『誕生数』という事になります。

それぞれに、その人の魂の姿を表します。

これも順を追ってご説明いたします。

 

そしてこの誕生数だけで占う事も有りだと思いますよ。

 

次回は誕生数以外の項目と、その出し方についてご説明いたします。

 

それではまた(^.^)/~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください