数秘術 ピタゴラスの矢➹ 後編 3/3

どうも、占い師の久易田でございます。

早速ではございますが、前回に引き続き、ピタゴラスの矢の説明の続きをしていきたいと思います。(*^-^*)

 

ちなみに、スムーズに内容を把握して頂く為には、

前々回ピタゴラスの矢➹ 前編 1/3】 と、

前回ピタゴラスの矢➹ 中編 2/3】 を、

見てから、今回ピタゴラスの矢➹ 後編 3/3】 を見て下さいね。m(__)m

 

前回は4つご説明いたしました。

今回は、ピタゴラスの矢が無いバージョンも含めまして、5つご紹介いたしますね。

 


【5】

3・6・9 決断のライン

ピタゴ5

 

【能力と与えられた使命】

・頭が良く、記憶力があり想像性に富んでる。

 少し論理的に考えすぎる傾向がある。

・透明な知性と温かなハートで、血の通った救済をする人。

 


【6】

1・2・3 思考のライン

 

【能力と与えられた使命】

・肯定的でまっすぐな思考、豊かな感受性。

・計画性。実務能力。協調性もある。

・秩序をもたらすオーガナイザー。全員の力をバランスよく結束する。

 


【7】

4・5・6 意思のライン

 

【能力と与えられた使命】

・強固な意志力をもっている。

・夢を簡単には諦めない人。

・苦境や挫折を乗り越え、起死回生の大逆転で勝利する。

 


【8】

7・8・9 行動のライン

 

【能力と与えられた使命】

・とても行動的でエネルギーに満ち溢れている。

・決断したことを実行できる人。

・ひたむきな努力と情熱で夢を実現。アイデアマンの資質がある。

 


【9】

ラインなし

 

【能力と与えられた使命】

思うがままに気楽な人生を送ってくださいね。という事ですね。

いいんです。使命が無い人は無い人で、自分自身を楽しむことがある種の使命なのです。

自分自身や友人や家族などの、ごく個人的な幸せのために過ごすことが使命だと思って下さいね。

 


もう一つ、私はあまり採用はしておりませんが、

その数列に何の数字も当てはまらなかった時の考え方も、お伝えしておきますね。

 

例えば、1974年 3月 6日 の人を見てみましょう。

 

全部で、1・9・7・4・3・6 と、6つの数字が存在いたします。

 

そうしますと、まずはピタゴラスの矢があるラインは、

3・6・9 決断のライン
1・4・7 肉体のライン

の2つのラインはありますので、このラインに関しては、人生の使命があると考えるのですが、

 

注目して頂きたいのは、真ん中の横のラインに、
何の数字も引っかからないラインが存在しますよね。

 

2・5・8 精神のライン
には、生年月日に対して、何の数字もありませんよね。

 

考え方としては、そのラインの能力が欠落している、と考えるやり方もあります。

 

【解釈の仕方】
・精神的に不安定な人。
・あまり愛というものを、気にしていない人。
という考え方もございますが、私は特に採用はしておりません。

 

一応この様な考えもあるのだという事だけ、覚えておいて下さいね。

 

気になる方は、検討してみたり、統計を取ってみてはいかがでしょうか。(*^-^*)

 


これで、基本的なピタゴラスの矢の説明を終了させて頂きますね。

 

とても、簡単だったのではないでしょうか。

 

しかし、その1でもご説明した通り、ピタゴラスの矢だけで、その人を簡単に判断する事は、あまりお勧めできません。

 

やはり、沢山ある数秘術の項目の一部として考えて頂けると、この矢の意味がより一層、納得のいくものとなる事でしょう。

 

基本を抑えたうえで、このピタゴラスの矢を理解すると、またまた数秘術の奥深さを、より一層感じれるのではないのでしょか。

 

実は、私が掲載した数秘術の説明全部は、基本中の基本でございますが、今まで説明させて頂いたところだけでも、理解して頂ければ、一通り占う事ができると、私は考えております。

 

確かに私が勉強してきた命術の中では、比較的理解しやすい命術ではございますが、掘り下げようと思ったら、とてつもない奥深さがあります。

 

もし、数秘術を命術の中心に考えられている方がおられるのであれば、極める価値のある占術だと思います。

 

数秘術を比較的簡単な様なイメージでご説明させて頂きましたが、それはあくまで命術を始めるのであれば、一番抵抗感がない占術なのではないかと思いご紹介させて頂いたのです。

 

占術のレベルとしては、他の命術に引けを取らないくらいの素晴らしい占術ですし、その人が持って産まれた、魂の使命なんかを読み取るには、数秘術に適う占術は、他にはないのではないかと思ってるくらいですので、私も興味を持って勉強してまいりました。

 

ちなみに私の好きな他の命術、四柱推命や西洋占星術は独学で学ぶには、いささか無理があると感じます。

要するに、お金をかけなくては前に進みませんし、一度つまづくと、これもまた中々、前に進めず焦燥感たっぷりのいや~な日々が続いてしまいます。😞

 

それでは、大変長くなってしまいましたが、これで一応の説明を終了させて頂きます。

 

尚、次回はまだ何も考えておりません。

 

また、気が向いた時に、書かせて頂きますので、その時は宜しくお願い致します。

 

それではまた次回お会いする日まで(@^^)/~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください