もう一つ手相で大事なのは、手のふくらみなんです。( ̄ー ̄)ニヤリ

前回に引き続き、手相のご説明をさせて頂きますね。

占い師の久易田でございます。

やはり花粉が辛いです。😢

それでは早速、説明させて頂きますね。(*^-^*)

 

あ、ちなみに前回の、

『占いで実は一番重宝するのは、相述! そう、それは手相!』

を見て頂けると、より理解しやすいと思いますよ~(#^^#)

 


それでは今回の内容に移りますね。

まずは下の図をご覧くださいませ。

 

手相 丘

 

前回の図と合わせて、この図も何となく覚えて頂けると、大分知った気になれますよ。( ̄ー ̄)ニヤリ

 

まずは、得意げに知った気になる事が大事だと私は考えております。

 

そうすることで、自信がつき、より一層興味を掻き立ててくれるのだと私は考えております。

 

そして手の平には、それぞれに能力の領域というものがございます。

これを 丘(おか)と言います。

 

手の平を、ひとつの丘に例えてのことでしょうね。

しかし、呼び方は丘(きゅう)と呼びます。

 

ちなみに左手は、各名称になっております。

右手は、その丘の良い条件を掲載しております。

 

そして、前回ご説明したことなのですが、左手が先天的能力で、右手が今の現状の能力とお伝えしましたが、丘に関しては、私自身あまりその概念を感じておりません。

 

ですので、両手どちらか一方の丘がふくらんでいれば、その能力が備わっていると考えております。

 

なので両手関係なく、他と比べてふくらみが大きいと感じた部分には、能力があるという感じを、私は受け取れております。

 

ま、基本的に、右手がふくらんでいて、左手はそうではないというケースは稀ですがね。

 

ちなみに見てあげた方の手の平が、片方でもふくらんでいたら、確認してみてはいかがでしょうか。

 

仮に私はその方に、その能力をご自身で感じておられていなかったとしても、「少し意識してみてはいかがですか?」とお伝えしております。

 

鎌をかけているわけではありません。

手の平は、天から降り注いでくるパワーを受け取るアンテナなのです。

 

遠いい空の彼方からやってくるパワーを、手の平で私たちは受け取っているのです。

 

そして私は、本当にその能力が備わっていると信じて、その方にお伝えしております。

 

ただ、そのふくらみに関して明らかなふくみでしたら、判断はつきやすいのですが、微妙なふくらみですと、判断に困ると思います。

 

なぜなら人によっては、まめができたように、木星丘 土星丘 太陽丘 水星丘が膨らんでいる方を、度々拝見いたします。

しかし流石に、その全部の能力を備えている方は、おられない様な気がいたします。

 

この辺に関しては、経験がものをいうかもしれませんね。m(__)m

 


ちなみに読み方なのですが、

 

手相 丘

 

水星丘(すいせいきゅう)

金星丘(きんせいきゅう)

月丘(げっきゅう)

太陽丘(たいようきゅう)

第一火星丘(だいいちかせいきゅう)

第二火星丘(だいにかせいきゅう)

木星丘(もくせいきゅう)

土星丘(どせいきゅう)

冥王星丘(めいおうせいきゅう)又は 地丘(ちきゅう)

火星平原(かせいへいげん)

 


火星平原の説明

火星平原だけは、少し解釈の仕方が違います。

 

先ほどの図をよく見て頂くと、火星平原の左右には第一火星丘と、第二火星丘がございますね。

 

そうなんです。手相で真ん中の横のラインは、火星が支配しているのです。

 

そしてこの火星平原は、手の平のど真ん中にある事から、人間的な総合力を表します。

 

そして火星のシンボルマークは、男性のマーク【♂】なんです。

 

そのことから、闘争心や行動力という意味合も強く含まれます。

 

火星平原の見極め方

火星平原は他の丘と違い、ふくらみを見るのではなく、逆にくぼみの広さや深さを見るのです。

 

ここでそのくぼみの大小や深さを説明する事が難しいので、ここはご自身の感覚で見て下さい。

 

目安は手の平の大きさから比較して、くぼみの広さや深さのバランスを見て下さいね。

 

火星平原が広い人の特徴

幅広い視野を持っていたり、おおらかなんですよね。

 

火星平原が狭い方の特徴

神経質ゆえに、気遣いが出来る方なんです。

 

火星平原が広い人狭い人両方に共通すること

へこみ過ぎていますと、闘争心が強かったりします。

浅過ぎますと(ペタッと平面的)、かなり大人しい性格と言えましょう。

 


少し説明が長くなってしまいましたが、前回の線の図と、今回の丘の図を、まずは何となく覚えて頂くだけで、大分知った気にれますし、興味も湧きやすいのではありませんか?

 

そしてこの程度だからこそ、相手の一瞬垣間見えただけの手相を、読み取ることが出来るのではありませんか?

 

それでは次回もまた、手相について触れていきますので、宜しければまた見て頂けると、幸いに存じます。

 

それでは次回、お会いする日まで~ (@^^)/~~~

ありがとうございます。m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください