人の性格は感情線に表る!

早速ではございますが、占い師の久易田でございます。m(__)m

 

前回に引き続き、今回は感情線の見るポイントをご説明をさせて頂きますね。

 

《もし、今回私の手相の項目を始めて見る》

という方でしたら、手相の基本の事を書いたページもございますので、お時間に余裕がありましたら、是非こちらのページから見て頂くと、より内容が分かりやいと思います。m(__)m

 

基本のページ

1、【実は占いで一番重宝するのは、相述! そう、それは手相!】

2、【もう一つ手相で大事なのは、手のふくらみなんです。( ̄ー ̄)ニヤリ】

宜しければ、こちらも宜しくお願い致します。m(__)m

 


≪感情線とは≫

特にその人の感情の出し方について表れる線ですね。

その人が情熱的なのか、クールなのか。

積極的なのか、消極的なのかなどを見極められます。

 


感情線で見るポイントは、5通りです。

 

1、【長さについて】

感情線 長短

 

赤の長い線は、愛情面のエネルギーが強い方です。

 

そして青の短い線は、単純に申しますと、エネルギーとしては弱いかもしれませんね。

しかし、弱いからと言って、愛情がないという事ではありません。

少しドライなのかもしれませんね。

 

そして長い方の方は、見方によっては、愛情表現がねちっこいかもしれませんね。

どちらも良し悪しはありますよ~。(*^-^*)

 


2、【曲線的か直線的か】感情線 曲直線

 

赤い曲線の方は、どちらかというと細やかな感情表現をするタイプでしょう。

 

そして、青い直線は、ストレートな感情表現をする傾向にございます。

 

ただ曲がり具合が極端に上に向いている人は、激情型かもしれませんので注意してみてくださいね。(^^♪

 


3、【感情線の終点が、何指の下まで伸びているのか】

感情線 終点 長さ

 

《オレンジの線》 

 

〈中指の付け根辺りまで伸びている人〉

好きなったら、盲目的な人が多いかも~。(*´Д`)

並外れた情熱の持ち主さんですね。

冷静さを失わないように~。m(__)m

 

 

《水色の線》

〈中指と人差し指の間の一番上まで入り込んでいる人〉

尽くす人に多く見られる線でございます。

献身的に人に尽くすことでしょう。

女性ですと良妻賢母。男性ですと家庭的な人ですね。

 

〈中指と人差し指の間の下あたりまで伸びている人〉

自制心が強く働く人に多く見られます。

気持ちを抑えすぎて、少し消極的かな~っ、ていう感じです。

時には、大胆に行動してみると意外な結果につながるかもしれませんよ~。(^^)

 

 

《赤の線》

〈人差し指の付け根まで伸びている〉

強い愛情と、清純な心を持って入る人ですね。

 

〈人差し指の下部まで伸びている人〉

何事においても、真面目な方ですね。

 


、【感情線の走っている位置が、上部か下部か】

感情線 起点

 

赤い線の方で、感情線の走る位置が標準位置より上部になるほど、情熱家で自分の感情をコントロールしにくい傾向にあります。

 

青い線の方で、感情線の走る位置が標準位置より下部になるほど、感情のコントロールが上手な方です。要するに落ち着いた人ということです。

 


5、【感情線の終点が、枝分かれをしている】

感情線 枝分かれ

 

知能線では、分かれているか否かだけを覚えて頂きましたが、感情線の場合は、少し細かく説明した方が良いと判断したので、少しだけ細かくご説明いたしますね。

 

《赤の線》 感情線の先端が2本共に、上向きに近い線

明るく前向きで、好奇心が旺盛な人ですね。

八方美人には注意してくださいね。(^^)

 

《水色の線》 感情線の先端の一方が上を向いていて、一方が下を向いている線

二面性があるかもしれません。

優しい顔の裏には、想像もつかないくらいの激しい鬼の様な一面を持ち合わせているかもしれませんね。

 

《オレンジの線》 感情線が三股以上に分かれている線

空気が読める、気配り上手な方です。

人を喜ばせるコツを知っている人ですね。

この手相を持って入る人を見つけたら是非、知り合いになりたいような手相の持ち主ですよ。

あげまんの手相です!!

 


感情線は、5つもポイントがあって少し多い様な気がしますが、ここだけでもおさえてしまえば、あとは組み合わせ次第で、いくつでも応用が効きますので、宜しければ是非覚えてみてくださいね。(^。^)

 

残りの基本線のページ】

生命線 《生命線はまさしく生命の叫びを表す!》

知能線 《知能線はその人の考え方が出てしまう!》

運命線 《人生の設計図は運命線に!》

残りの基本線のページも掲載しております。

見て頂ければ、より一層、手相を知った気になれますよ~。(^_^)v

 

それでは次回も、宜しくお願い致します。(@^^)/~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください