やはり気になる婚期(⋈◍>◡<◍)。✧♡ 結婚線

占い師の久易田でございます。

早々と投稿の間隔を短くして、みなさんに忘れられない様に頑張りたいと思います。(*^_^*)

 

前々回の 財産線 【お金にまつわる 財産線 💰】と、

前回の  太陽線 【あれば幸運の太陽線 今は無くてもいずれは・・・🌞】に引き続き、

 

今回は 結婚線 【やはり気になる婚期(⋈◍>◡<◍)。✧♡ 結婚線】の説明をさせて頂きますね。(^^♪

 

この結婚線、実は50歳までしか見れないんです。本当です。😢

 

しかし、今回は説明できませんが、流年法というものを使う事で、死ぬまでに、結婚するか否か、いつ結婚できるか、というものは調べられますので、50歳過ぎたからといって、結婚できないということではありませんので、安心して下さ~い。>^_^<

 

ちなみに、手相が出来た時代背景からすれば、とても昔なので、寿命というものが現代と比べれば、大分短かったというところから、50歳という考え方に至ったのかもしれませんね。

 

しかし今の時代、ちょ~長寿命ですよね。

なので時代と共に、占も進化していっているんですよ~。(*^_^*)

 


≪結婚線とは≫

正に、婚期を調べたり、どの様な結婚生活なのかを見る為の線ですよ~。

 

しかし実際は結婚をしても良いな~っ、ていう人に出会える年なのですよね。

 

もちろんお相手の方があなたに対しても、波長が合ってこなくては、この線は入ってきませんので。(^-^)

 


今回は、1枚の図で説明させて頂きますね。

 

結婚線 総合

 

《年齢の見方》

上の図を見て頂いたら簡単にわかる事なのですが、

緑色の知能線をスタートに0才です。

そして小指の付け根が、50才です。

その真ん中辺りが、25才です。

 

どの辺りに線が入っているかで、その人の結婚年齢を見ます。

 

結婚するしないは別として、結婚しても良いな~と思える人に出会えた年として考えて頂くと、より一層しっくりくると思いますよ。

実に簡単でしょ。(^-^)

 


【茶色の線で、少し下向きの線】

年齢的は、13才~15才位の間ですね。

もちろん結婚できる年齢ではありませんよね。

 

なので、結婚しても良いかな~、っていう人に出会えた年として考えても、いいかもしれませんね。

 

そしてポイントは、線の先が下にさがっているという事なのです。

 

こういう線は、簡単に言うと、上手くいかないかもしれない、とか、困難が多いという線です。

あくまで見方ですので、そうとは限りません。

 


【紫で表した線で、一直線で薬指の下まで伸びている線】

まずは一直線の線なので、一般的な結婚ができる、とても良い線だと思います。

 

次に、薬指の下まで長く伸びた線は、通称、逆玉の輿線と言います。

 

およそ25才の時に、お金持ちの人と出会い結婚できるかもしれませんね。

 


【一番上の、尻上がりの線】

始めにご紹介した茶色い線の逆のパターンですね。

 

とても良い結婚になる事でしょう。

 

お互いが高めあう存在かもしれませんね。

 

年齢は37才前後ですね。

 


この結婚線、たくさん入っている人と、全く入っていない人、様々でございます。

 

沢山は言っている人は、基本的にモテる方ですね。

そして、気が多い方かもしれせん。

 

線が入っていない人は、基本的に結婚自体興味が無いのかもしれません。

 

この線はご自身が、結婚しても良いな~、って思える人がいるかどうかを見る目安の線です。

 

先程もお伝えしましたが、お相手の方もあなたに対して、波長が合ってこなくては、この線は入ってきませんので。(^-^)

 


最後にこの線も、小さいく薄い線に関しては入ったり入らなかったりと、意外と目まぐるしく消えたり入ったりする線ですので、普段から気にしてみいると面白いですよ。

 

たとえ小さく薄い線でも、充分結婚できる線に成長することは多々ありますので。(^^♪

 

そして線を入れていくコツとしては、自分磨きをしていく事ですね。

 

客観性をもって、自分磨きをしっかりしてみて下さい。

もしかしたら、たくさん入っちゃうかも。( ^)o(^ )

 

それでは次回、私がこのポイントは手相を見るうえで、とても興味深く重要だ、というところをお伝えしていきますので~。

 

それでは次回お会いする日まで~。(@^^)/~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください